植毛とはいったいどういうものか

最近なんだか髪の量がすくなってきた、抜け毛が激しい、ストレスで髪が抜けたなど、理由は千差万別ありますが、そんな悩みが増えたら植毛という方法があります。

植毛とは、頭皮に髪を植え込む施術方法で、外科手術を行う医療行為に当たります。



植毛には合成繊維で作られた人工毛を植え込む人工毛植毛と自分の髪を植え込む自毛植毛というものがあります。



人工毛を用いる方法では、ポリエステルやナイロンでできた人工毛を使い、植え込む量や髪の長さなど細かく決めることができます。


1回の施術で思い通りのヘアスタイルにすることができます。

ただ、人工毛は合成繊維のため、それを頭皮に埋め込むということで免疫反応がでてしまい、異物を出そうという頭皮の力により抜けるのが少々早めになってしまいます。

ボリュームの維持には年に1回、2回は施術が必要です。

そのほか、付け根で切れてしまい頭皮にそれが残ってしまうので細菌感染を生じると化膿などを起こしてしまったり、それを原因に周囲の髪が生えてこなくなってしまうという場合もあります。

それに代わって自毛の方法では、移植した髪が定着すればその髪が抜けても、新しく髪が生えてきますので、生涯にわたって生え続けます。



そのためメンテナンスは必要ありません。

しかしながら、移植した髪は一旦抜け落ち、3、4か月ほどで生え変わって産毛として再び生えますので効果を感じられるまでに少々時間が必要になります。
どちらの施術をするにしてもじっくり考えてから行いましょう。